三陸の美味しいおみやげ

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

今回の三陸行きでのお土産。


その一

先日、出来たばかりのキャッセンの海産物屋さんで買った

手のひらくらいの殻付きの大きな帆立。

(写真がないのが実に残念ですが…)

ひとつ280円。

これを18個。

お店のおじさんにクロネコ クール便でその日の集荷ギリギリの17時半に慌てて買って

なんとか乗せてもらえてこちらに翌朝には届いていた。

(すごいなクロネコ...。)

殻付きで香ばしく焼いて食べたらそれは美味しかったらしい。

三陸で焼いたものを食べてもサイコーだからこれは絶対だね。


その二

おおふなと夢商店街の三陸海苔店で買ったオレンジ色の缶の国産ものの味付け海苔。



確か1700円。

これはそれはもう美味しくて焼きのりとセットで三陸に行っては買ってくるのですが

朝の食卓には香ばしく、ご飯が進んでたまりません。

(この一週間ほどであっという間に無くなりました。)


その三

それからいつも大船渡のさいとう製菓で買う

『かもめのたまご』

 クリックして さいとう製菓 のホームページへどうぞ~♪

これは近所に住む岩手県の友人から教えてもらって以来

見た目もほのぼの可愛らしくて大好物です。

もうかれこれ20年以上食べ続けてる。(笑)


TOMOSU RUNでもいつも快く参加するランナー達に『かもめの玉子』をご提供頂くものですから
私たちスタッフも三陸に行くたびにご挨拶方々伺っては
色々な種類のさいとう製菓のお菓子を友人や家族のお土産に買っては楽しんでいます。


さて、今回全国的にも有名な『かもめの玉子』と



画像をホームページからもらってきました。



その四

もうひとつ新しく買ってみたのは

『ガガニコ』というお菓子。


これは綾里駅で以前見せていただいた

フォークリフトの大きな獅子を思い出しました。


それが中身は好みの白餡でね。

とっても甘くて美味しいの。

忙しくすごした3時のお茶請けにぴったり。

お茶をいつもより濃いめに入れて食べたい。


今回はこれをいつももらってばかりのお隣のお家へ

帰ってすぐにお土産に持って行ったのです。


翌朝、お隣のおじさんが

「あまりの美味しさに孫にもあげずに全部食べちゃったよ。」だって…。(笑)

あらー、それはもっと買ってくるんだったわ~♪(^^)

外の皮もそれは柔らかくてとても美味しかったみたい。


獅子の絵柄でお年賀などにもいいかな。


また次回も買ってきますね~。


おやすみぃー。

スポンサーサイト

今年の母の日は『オペラ座の怪人』

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

もう何回観たでしょう。


今回は母の日ってことで

ちょっぴり早めに娘がプレゼントしてくれました。

横浜の神奈川芸術劇場(KAAP)での公演です。


みなとみらい線の最寄り駅から歩いてすぐ。

中に入ってエスカレーターに乗ると天井の高さに驚きます。

今日のシートは一階の一番後ろでなんともリラックスできるいい場所。


劇団四季の会員となった娘は

今年はディズニーから興味を劇団四季に移し

公演を観尽くすつもりらしく

毎月公演のスケジュールと自分の休みをにらめっこしています。


どれが観たいかと聞かれて

やはり....『オペラ座の怪人』と答えて今回の企画が成立。




今回のセットリスト



観終わった時娘はさすがにディズニーものとは違う

異空間でゴージャスなこの舞台に

感動していた様子です。


でも、この舞台はまたすぐに観たくなる病気を引き起こし

先週は気がつく挿入歌を口ずさみ...。

次は 一体いつ行けるかな~。


そうそう...前よりもっと

舞台美術やら衣装が素敵になっていました。

やっぱり時を変え、何度も見た方がいいのね。


おやすみぃー。


三陸のさくら

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

4月の終わりはTOMOSU RUNの下見で三陸。





あの震災から結果5年以上も通って

神戸から来た『希望の灯り』が灯されている

けせん大工左官伝承館には何度も訪れています。



今年は初めてお花の咲くシーズン。

心地よい春の海風が吹く中。

たった10分ほどの時間で撮った東北の桜です。












必要な機材も持ってこれなかったけれど

ここが今日撮れて 感謝出来ました。




震災から6年めに入った復興の街並み。

穏やかな海とは対比されるような不安を抱える人々の暮らし。




海からの風がここ箱根山にも爽やかにとおりすぎていきます。



おやすみぃー。



三陸のさくらはどこを撮っても『The 風景写真』美しいね♪

春の兆し

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

投稿するのがだいぶ遅くなってしまったんだけど...。


最近何週間かは駅前の大きな書店何件かにに行っては

あちこち興味の赴くままに何か読みたいものはないか探していました。


折しもノーベル賞でいつも賑わう方の初版本が出版されたばかりの頃で

最前列に棚に山のように平置きされていたのだけれど

今はちょっとあの独特で不思議な毒のある世界観にハマりたくなくて

敢えて避け、児童書から写真、自然科学雑誌に至るまで目を通して見るけれど

これと言って買いたいほどのものもなくまた次回って感じだったの。


でも、娘と待ち合わせして出かける予定の昨日は

今の気分にぴったりの本を見つけた。


それはロビン・シャーマという方が書かれた啓蒙書で

『三週間続ければ一生が変わる』って本でした。


最近ずっと私が思っていたことは

また自分自身の生活に転機が訪れて来ているって感じていたことです。


どちらかと言うと春は憂鬱と言うよりワクワクしてすごす私。


まだまだテニスしたかったり、走りたかったり、撮りたかったりです。


もうこれ以上は増やせないのに自然と増えてく。


『極める』と言うよりは自分の枠を少しづつ大きく。


生活スタイルがこの本で

また少し変化していくきかっけになりそうな気がします。


では、またここに来れますように。

おやすみぃー。


ルリビタキに念願だったウグイスが撮れました

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

久々にゆっくりできた先週のお休み。

今日はいつもの散歩コースはやめて昼からちょっとだけ遠出。

車に荷物を詰め込んで出かけました。



自宅近くの森林公園。

ここは昔竪穴式住居があった場所で天然のシラカシ林があり

県立公園として整備された 場所です。



お散歩には気持ちの良い場所でたくさんの人が日課のように歩いています。


2月までは冬時間となっていて土日の駐車料金もかからず

のんびり撮影出来るので行ってみました。


ここはミソサザイやアオゲラやカケス

何年か前にはヒレンジャクなど珍しい鳥もやってきます。


公園に入ってすぐの右手にはもう野鳥カメラマンのおじさまたち。

何狙ってるのかと聞いたら

ルリがいるってことで私もしばらくカメラを構えました。




ほらねー。

で、ちょっと撮ってからミソサザイが撮りたかったので奥の木道に。

木道の一番奥手に確かにミソサザイがいて

声高らかに鳴いています。





暗かったので手持ちは厳しく、高感度設定でいまいちな写真だったけど

念願だった鳥がなんとか撮れました。


そして帰りがてらやはりもう一度ルリビタキをと...。

4人ほどで鳥の出待ち。


ルリビタキにそれから...

もう1つ念願だったウグイスが全身綺麗な形で撮れました。





何度も藪にいるウグイスの出を待って空振りしていたのが嘘みたい。



2人の鳥撮りおじさんにたくさん情報をもらい

鳥や富士の素晴らしい写真を見せていただき

アカショウビンにキビタキの野鳥の写真の名刺を頂いて

今日は満面笑顔で早く家に戻って撮った写真を見たかったこと...。



私もいつかこれぞっていういい写真撮って名刺を作りたいものだな~♪

おやすみぃー。


Category :