スポンサーサイト

Posted by みぃー on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山でお花見

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback


今日はもう何ヶ月ぶり?ってくらい久しぶりのお出かけ。
高尾山に行ってきました。
(まだ 金曜日に久しぶりにやったテニスの筋肉痛が癒えないって言うのに。)

昨夜は実は先日亡くなった方を内輪で偲ぶ会をしてて
誰もが遅い時間に気づかず『うそっ!』って言うくらいの深夜の帰宅。
何時間かしか寝れないから止めようと思いながらもちゃんと起きれた5:17.。
目覚ましのなる前に。

なんとなく昨夜した支度で充分に間に合い。
朝日の中をお出かけ。
少し慣れたかな。

置いてあるリュックにある程度基本装備が整ってたのは救いでした。

今日は総勢26人になる予定。
一丁平でお花見です。

高尾山口駅で待ち合わせ。

新しくなった駅舎。綺麗ね~。


実は1時間も早く着いてしまった。。。

でもいいの。
この方がとっても安心な私。。。
少なくともいつも20分以上は早めに着かないと電車の中で気がそぞろ。。。

約束の時間になってくるとほぼみんな揃い出発です。

今日は気持ちの良い稲荷山コースから。
途中吊り橋組と分かれて登ってきました。

今日はあと陣馬からの縦走組もいて
みんなそれぞれに楽しめるコースを歩いていきます。

一応ピークは刻んで行くかと
山頂に足を伸ばして富士を眺め。

それから少し先の一丁平へ。

山桜が綺麗でした。

ここでブルーシートがもう敷かれていて
これからのんびりお花見です。

今日は団子汁を楽しみに登ってきました。
昆布のおにぎりを頬張って。
団子汁2杯も頂いた。



分かってるだろうけど
もう食べちゃった後写真撮るのに気づいたわけね~。。。


誰かが背中にシャンパン2本も背負ってきてくれて
もうたまらない美味しさ。

今日は天気も良くてお花見にはうってつけ。
気温も上がり暖かいしね。

のんびり2時間もすごしたかなぁ。


そこからは少人数でゆっくりと来た道を下山。
森林浴しながら帰ってきました。

展望台で一枚写真も撮れたしね。

師匠と皆が呼ぶ人に
『家に帰ったらいつでも山に行けるようにリュックの中身を整えて置くんだよ。』と教わって。
また靴を綺麗にしとかないとな。
降りていつものお蕎麦屋に。




今日はあったかいとろろ蕎麦に実は小さなとろろご飯も食べちゃった。
もう夕飯はいらない。
まだ5時前だけど。。。
次は一度リフトに乗ってみたいな~。

今日は早めに帰って
地元の投票所で選挙の投票していつもならバスで帰る道を
リュック背負いながらまだまだ歩いて歩いて帰ってきました。

でもセブンで久しぶりにアイス買ったのが
3時間以下の睡眠でよくやった今日のご褒美。

お疲れさまでした。

おやすみぃー。

スポンサーサイト

金時山に行ってきました

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

大阪から山のお友達が上京して
お友達でワイワイあっていたら
明日のお山にどうして来ないの
ってことになり口説かれた。

あーーー、確かにTOMOSUの反省会入れてたのがキャンセルになったんで
空いた日程なんですが。。。

泡盛飲んで口説かれて行くことになっちゃったわけで
夜中の1時に必死に明日しょってくリュックにパッキング。

起きるのは5時。( ̄^ ̄)ゞ
起きれるか不安だったけど
ちゃんと起きた私。

待ち合わせの新松田に行く時
電車からみた富士山は
それは心躍る姿で
あまりの凄さに席を立ってしまったのだけどね。

バスに揺られて地蔵堂。
今日の登山はそこから。

実は今年の正月明けは箱根外輪山のラン。
半周の予定だったのにまさかの雪に苦戦し半分のここ金時山までの予定があとひとつ登れずで断念。

なんか心残りだったわけで、
なんとかしないとって思ってたみたい。

夕日の滝、それから三つの川を渡ってここからが今日の本番。




あっ、二人ほど膝着いたり落ちましたけどね。

あー、もうすぐハジマルヨ、急登が。。。ヤダヤダ。。。

ずっと最近は忙しくて走ることもせず。
ただ、週一のテニスが唯一の楽しみになってる私。
筋肉痛は今の私に快感に変わるのかなーんて考えてた。







さて、林道を過ぎ、大涌谷の煙も遠くにみて



それだってのに富士山は雲の中。




あんなに朝はすごかったのに。。。
そんな時期だけどね。

おやすみしたらもう行くの。
だってお腹が空いてるんだもん。
もうすぐクライマックスは12個の階段。

ドタさんはいつも楽勝に走ってるんだろうけど
私にはこの身重なリュックにカメラで負荷かかり過ぎぃー。。。

で、かなりここまでで脚にきてるってのに頑張るしかない。
後ろは見ないで。。。

ここの階段は12個。
干支になってて今の時期にはピッタリかも。

それにしてもきつくって
ねー、うし、とら。
もうここで実はうんざりしてた。

次の階段に行くのがヘロヘロ。

うー、たつ、みぃー。
やっと6つ。

そしてムラムラがやってきた。

もー、一体なんでこんなにキツイのよー!

てなわけで、
こうなるといつもものすごく強くなれる私。

ここからは仲間の男性も追い抜き
キツイ階段足あげてガシガシ登ってやった。

うま、ひつじ、さる

へーへーして少しベンチでおやすみ。
だって10歩で自分の背丈はゆうに超える急さ加減。

頭のどこかで『バカヤロー!』
って叫んでたみたい。。。

とり、いぬ、いー。

あと少し。
そしてとうとう小屋が見える。
あの小道を抜けると頂上。

着いたぁ。。。。



とうとう
年頭に心残りだった金時山に来たよー。

着いたらすぐにご飯ご飯。
もう誰かがすぐにコッフェル出してお湯を沸かしてくれてる。

ワインもお酒もビールもザクザクザックからあふれでるのがこのグループのすごいとこ。

私のザックからもたくさん剥いてきた林檎と重たいのに頑張って持ってあがったお水。
全てが丁寧な手作りの美味しいシュトーレン持ってきたの。
クリスマスも近いからここで皆で食べたかったりして。

それにいつもは食べないカレーカップヌードル。
駅で一つ買ってきた。

もちろん名物なめこ汁も
だれかにいただいた。

パンを熱々にトーストしたり、
もうここは楽しい宴会場です。
ワクワク❤️

小一時間して、さてここから下るよ。

行き慣れた仙石原へと。

あー、それでやっと
私の年頭からの無念もはらされるって言うもの。やったぁー!

タカタカぬかるみもある道を下って
靴は泥だらけだけど、
あの日の雪道より
どんなに楽だったろう。

そしてかつて通った道へと合流。
ここからは大丈夫。
一人でも帰れるわ。

さて、これからの楽しみは温泉に釜飯。
山のお友達は釜飯屋に電話して予約を入れる。

ここからまた10分以上歩いて楽しみな硫黄の白濁した温泉に入りあったまったよ。
それに釜飯でお腹がいっぱい。

これから羽田から博多まで飛行機に乗る友
新幹線で大阪に帰る友。
それからアロファロメオで甲府に戻る友。

あっという間に楽しい一日は終わって
残る山友と帰りの電車で向かい合わせに座って話す次の山行き。

次は私が提案した
美味しいプランになりそうな予感です。

おやすみぃー。


大菩薩峠 行ってきました

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

この間の日曜日は美しい景観の望める日本の百名山のひとつ

『大菩薩峰』に行ってきました。


また前日の夜に体力の残量をチェックし、あっという間にリュックに荷物づめ。

最近はそんなのばっかりで

企画してくれてる人には申し訳ないんです。


でも、『わたしも 明日いくぅー!』とメールを打てば

いつも快く仲間に入れてもらってる。


時間がかかっていた登山の準備も

最近は撮影もののチェックが大変なだけで前よりだいぶまし。

やっと少し楽しめそうです。


当日は4時半にアラームかけたけれどそれよりもっと前に起床。

そしてのんびりパソコンに向かってから出発。

しばし特急あずさも楽しめて 思いきり旅気分。


今日は甲斐大和駅におりてそこから出るマイクロバスで登山口まで

かなり長く乗り1000円でした。

だいぶバスがカーブで揺れて気分の悪くなった人が数名。

いつものことですが そんな中でも私は元気。

乗り物では酔わないんだなぁー…。(笑)


今日のお山はそんなわけでもう1000メートルを超えたところから登山スタート。

1時間半ほどで頂上まで行きます。

日差しが強かったので木陰が気持ちよかったな。

大菩薩峰へ_convert_20140619094857

151_convert_20140621113038.jpg

045_convert_20140621113359.jpg


8分目まで登ったところから富士山が見えるはずだったのに

バスですごい完璧な姿を見たっていうのに残念ながら雲をかぶってしまいおさしんはいまいち。

238_convert_20140621114358.jpg



でも今回はケルンでおさしんを撮ってもらうことにしました。

158_convert_20140619093451.jpg


それからみんなと広い場所をみつけてご飯。

ビールもほんのちょっぴり分けていただきました。

今日はおにぎりとコッヘルで沸かしたお湯で 初 チリトマトヌードル。

おいしかったなぁー…。

167_convert_20140621112153.jpg
これ、ほんとは正面に大きな富士山の予定

それからみんなで持ってきた魚眼レンズで遊びました。

いろんなかっこして撮ってみたりして…。

楽しかったなぁ。



下山はあっという間。

そして帰りの電車でしらぬうちにまた深く眠りに落ちていったのでした。


おやすみぃー。

大菩薩峠_convert_20140619092946

陣馬山~景信山~小仏峠~高尾山 縦走

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

今年最後の山行きはこちらになりました。

やってみたかった陣馬山から高尾山までの縦走。



ここ、以前走ってからというもの、楽しくてたまらない山になりました。

今回は1日をかけての縦走。


これを楽しみにしていたんです。


午前9時15分くらいに藤野駅発のバスに揺られて10分もしないうちに陣馬山登山口につきました。

そこから登っていきます。


1時間半くらい歩いて頂上へ。

そこでみんなでご飯になりました。

ポーク玉子おにぎりもあるしぃー…。

そこでコンロで甘酒も作ってくれました。

もう、楽しくて仕方ありません。

富士山も少しだけ顔を出してくれましたよー♪

陣馬山より富士山


そこからまたてくてく歩く。

登ったり下ったりの繰り返し。


たま―――に、水飲みの休憩。

そしてまたすぐ歩くの繰り返し。


それから、景信山。

懐かしいなぁー…。


小仏まで着く頃にはかなり歩いてくたびれてきたよぉー…。

でも、今日はまだまだ容赦なく続く。

今日の仲間



トレランの方が荷物が軽くて楽ちんだなぁー…全然…。

走る方が背中が軽くて気持ちいい…。


絶景も撮ってみましたよ。

すごいなぁー…この景色。

海まで一望できるもの。

神奈川方面を望む


トイレはめちゃ込みで、女子の列は長――い。

なんとかならないものかしらん…。



そこから、結構早歩きで高尾山へ。

予定より少し早く着いた模様…。

すごいじゃないの…初心者もいるっていうのに…。



高尾登山口のお蕎麦屋さんには5時きっかりについたよ。

ビールと鴨ネギそばが 何ともおいしかったよ。



さあ、少しこれでルートも把握できたかなぁー…。

私、ここは実は走りたいんです…。

ランのお友達を募って 行くぞぉー…。



おやすみぃー。

赤いダリア





ヤビツ峠から塔ノ岳へ

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

春先に大倉から初めて丹沢の塔ノ岳(神奈川県)に登ったのですが、

今回は行きたかった別ルート。


あの、ラリーする車やバイクが好きな方ならたいていの人が行くという

ヤビツ峠から登る塔ノ岳にチャレンジ。


でも、前回のバカ尾根は

私にかなりの恐怖心を植え付けてはいましたが…。

なんでだかまた

登りたくなってました・・・無性に・・・。


今回お誘いいただいて

なんとかしてスケジュールをあけてみた。

ちょっと無茶だったかもしれないんだけれど…。



昨日は素晴らしい快晴。

これは楽しみな頂上のパノラマ。

しかし、今日は長丁場です。

行けるかなぁ…。


バス停はものすごい人で、臨時便は3台以上になりました。

乗るまでに1時間以上もの遅れ。

ヤビツ峠を下り、表尾根登山口を出発したのは10時頃。

さて、どんどん行かねばなりません。



そして、ニノ塔、三ノ塔。

やっと登った高さを激しく下って下ってまた急な登り。

なんてことだろうここは…。



鎖場に梯子も何か所かあって楽しかったなぁー…。

1375033_10101771606772744_1319151285_n.jpg


鎖場は初めての経験でした。

おさしんにはほらほら下の方で鎖場降りてる私の姿。

りんどう

これからが見ごろのリンドウ。


そのあとの登りです・・・足が攣ったのは。


お水の量が足りなくて飲むのを少し控えてたからいけなかった。

それで少しお休みして、攣り薬。

漢方薬ですが…。

少し遅れたけれど、頂上で待つみんなとはちょっと遅れて合流。


お昼をすぎて雲がかかってしまって少し残念。

でも、みんなで食事しました。

みんなはバーナーとコッヘルを持ってて楽しくランチタイム。

あったかいものは美味しいよねー♪


それから、遅れた分を取り戻すためにトイレ休憩をすませてすぐに出発。

ずっとずっとずっとずっとーーーー・・・。

あの階段を下るんです。あー、恐ろしい…。

頂上出発は3時。


早くしないと夜道になるためみんな必死に下りました。

でも、2時間じゃ無理だなぁー…。

見晴らし茶屋からはヘッデンを装着して林の中を歩きます。

楽しかったなぁー…。

暗いところを歩くのってこんな感じ…。

みんながいたから平気だったんだけれど…。



6時にやっと大倉につきました。

今回はもっと辛くていいはずだったんだけれど、楽しかったなぁー。

アップダウンが…。

・・・ともう辛かったことを忘れてるんですね。

って バカ尾根を下るバカです・・・。(笑)



また行こうっと…。

いつか山をちゃんと走れるようになってやるぞっ…。



おやすみぃー。

塔の岳よりバカ尾根を下山









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。