涸沢カールへ 3

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback


小説「氷壁」の宿


行きたかった場所の一つだったここ。

ずっと徳澤園だけは特別な場所でした。

地図で見ては ここか と確認してた。

読み終わって

「山は怖い」ということしか

当時の私には

残らなかったのだけれど…。


知らぬ間にちゃんと背中にザックをしょって

雨の降りしきる中 ここに佇んだ。


この本を中学生くらいの時に読んで以来、
井上靖さんの描く世界にすっぽりとハマりました。

ここではもっとゆっくり撮る時間がほしかったなぁー…。
次は泊まりに行きたい。

(涸沢カールまでの小さな旅 このおさしんは4枚目)


おやすみぃー。

氷壁の宿 徳澤園 2

スポンサーサイト

涸沢カールへ 2

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

梓川


流れる川の音

葉っぱにたまった雨粒が

急に 落ちてくる音

それから

私の歩く音


左手に梓川。
ここから横尾までの道のり約三時間ほどをおさしんタイムを撮りながら雨の激しく降る森をずっと歩きます。

河童橋をすぎて明神小屋で雨が激しくなって
レインウエアを上下着こみました。

そこからはかなりの雨。
でも、雨降りの森の美しい色に感激ひとしおです。

カメラは当然のことながら守りつつもかなり濡れました。
でも、撮らなきゃ・・・ね。
シリカゲルも持ってきたし…。

(ただいま 涸沢カールまでの小さな旅のこのおさしんはは2枚目)

おやすみぃー。


梓川 2

涸沢カールへ 1

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

ふたたび


一瞬にして

時は 流れていく

あのとき 腕に抱いていた

ちいさな幼さな子は

薄い紅をさす

娘になった


そして 今日

ふたたび

この地を訪れる


ただいま。
無事に帰ってきました。
これからの何日かは順におさしんをあげていきますね。

梓川の流れる音の美しい、25日早朝6時頃の河童橋付近より撮影。
これから天候は崩れていく気配。
川がまだけむっている時間をこれから涸沢カールまで歩きます。
目指すは涸沢ヒュッテ。

このテント泊でもするような40Lいっぱいの重たいザックを背負って
本当に辿り着けるのか不安。

(涸沢カールへの旅 このおさしんは1枚目)

おやすみぃー。


河童橋 2


涸沢カールへ

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

ただいまぁー。


行ってきたんです。


無理かなぁーって心配していたけれど登りきれました。


憧れの北アルプス 涸沢カールにある涸沢ヒュッテ…。


とりあえずはこの山登りの準備やらその他もろもろで忙しくして

こちらをご無沙汰していたのでご報告しときます…。

今日はここまで。


おやすみぃー。

平湯温泉

先ずは早朝5時の平湯温泉から…。


もうすぐ山へ

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

今年の冬から少しづつ集めているものは

山行きの装備品。


一度にはとても買えなくて

ほんとに少しづつ集めています。


この間はやっと決心をして三脚を購入。


アルミ製だけれど、カーボンよりとてつもなく軽いものにしました。

ベルボン シェルパ 345 

小型軽量で4段もの。

女性の山行きにはベストな選択。

4907990433824l.jpg


重量1.1キロってすごくないですかー♪

持っていくレンズの重さをプラスしてこの耐荷重で足りるってことになりました。

これでもちゃんと耐荷重量は2.5キロあって…。

スリーウエイ雲台もちろんついててとても安かったわ。

自由雲台はひとつ持っているからだから必要だったら最悪それをつけることにします。



それから、カメラ用のザック40リッターを買いました。

やっぱり荷物が入りきらなくって…。




ああ、ほんとにもうすぐ出発です。

出来ればこんな暑い時期じゃなくて涼しくなった山に行きたいんだけれど…。

山のお花が見れるかなぁー…。


では 荷物の点検怠りなく…。


おやすみぃー。

ユリ

みぃーも夏休み

Posted by みぃー on   6 comments   0 trackback

今年はおともだちがロスからくることになったので一緒に出掛けることにしました。

さて、どこへいこう…。


そう思っても行くには車でも電車でも、混雑が予想されて憂鬱。


そうだと思いついたのはお友達の彩子さんの小淵沢のお宅。

ここならなんら縛られることもなくリラックスして過ごせます。



9日の朝、特急あずさ55号に乗ってあっという間に小淵沢まで。

あれ、ここも暑い…。

今日はついて荷物を下ろすとすぐに小海線の乗って清里へ。

八ヶ岳クラブでランチとお茶しました。

031_convert_20130820115932.jpg

034+(3)_convert_20130820120037.jpg


カレーがちょうどいい感じのコクと辛さ。

それに、フルーツティーはここの名物。

おいしくパクつきました。



それから、俳優の柳生さんもしばらくしてテラスへとあらわれたよ。

なんだか心地よいなぁー、ここ。


そのあと、タクシーで移動し野外バレエ「ジゼル」をたのしみました。

その素晴らしかったこと…。

途中花火もあがってムードは最高です。

野外バレエ

ジゼル

劇場で見るよりもイメージが膨らんで数段美しく感じられました。


翌日は朝のごはんが充実。

192_convert_20130820120254.jpg

197+(2)_convert_20130820120540.jpg

畑の野菜を取ってきたり、木になっているイチジクをもいで食べたり…。

それから、フレッシュなブルーベリーで私が最近凝っているスムージーを作ってくれました。



翌日は有名なお店「井筒屋」さんで久しぶりに国産ウナギを堪能。

開店前には行列です。

でもいいの、ここはお家からとてつもなく近いから…。

井筒屋



ビールを楽しみながら ぺろりと全部食べてもちっとも口がべたつかない…。

本物ってそういうこと…。

また明日も食べたくなる鰻でした。


そのあとすぐ近くのリゾナーレに非難。


しかし、こちらもものすごい暑さ。

避暑に来たのにちっとも避暑にならない。

いや、でも、都会人には夜はぐっすり眠れますが・・・。


リゾナーレ八ヶ岳ではクーラーのなかで涼みながら読書を楽しんだり。

私はやりたかったトンボ玉つくりに挑戦。

夏はこのガラスの涼しげな感じが大好きで、

炎に溶けていく様子をみているのが好きで 一度やってみたかったんです。


で、地球をイメージしてみたんだけれど、

教えてくれた先生の勝手なイメージで水玉柄になり

思っていたマーブルにならなくてちょっと違うものができてしまったかもぉー…。

307_convert_20130820120727.jpg


でも、なかなか彩りは私らしい色合い。

これなら使えそう。


そのあとは暑さの中を30分くらい歩いて今日のコンサート会場へ。

古澤巌さん、東儀秀樹さんとkobaさんのコンサート会場へと向かいます。

ここだけ異常なほどの人。

チケットは完売です。

こんな感じぃー♪

みそぎ神社


能舞台でする古澤さんのコンサートは初めて。

昔よりももっと楽しく進化してクラシックという感じからは大きく離れてきたけれど、

彼のテクニックの素晴らしさは言うこなし。

懐かしい「As Time Goes By」が流れてきて今は亡きジャズヴァイオリニスト

 ステファン・グラッペリさんとの懐かしいテレビでの共演を思い出しました。

彼の小粋でおしゃれな感じの音が少しづつ聞こえてきたかも…。

ちょっと涙・・・。

狩衣姿のヴァイオリン奏者をみたのも生まれて初めて。

でも、八ヶ岳の森に響いてそれは美しい音でした。


今回この旅 一番の感動はこれから起こります。

実はこの後、私達、車がないものですからなかなか来そうももないタクシー待ちの列に並んでいたら、

神社の方が親切に10人乗りのワゴンを出してくださって

待つこともなくスムーズに小淵沢の駅へとついたんです。

これには本当にびっくり。

それもお金も取らずに…。

いい音楽を聴いて、そのあと、こんなに気分のいいもてなしを受けてサイコ―な気分になりました。

そのあとは大いにみんな盛りあがって女子だけの宴会。

315_convert_20130820123935.jpg


よく食べ、飲みました。

もちろんすべてパッパとスピーディーに彩子さんが作ってくれておいしくワインを飲みました。

酔っぱらってたよ…。


ふと気がついてお開きにしようと・・・トイレで若干1名 寝てた…。(笑)



さて、最終日。

やっぱりこの日も暑かった。

でも、どーしてもいきたかった場所へ。

甲斐小泉の「平山郁夫シルクロード美術館」ここで大きな彼の絵が見たかったんです。

いやぁー・・・素敵でした。

なんて言い青でしょう。

群青という色が小さなころから大好きな私。

で、珍しく茶目っ気を出して民族衣装なぞきてみた…。

シルクロード美術館にて


それからその横のここの駅前にしたった一軒のフレンチのお店でコース料理を食べました。

白ワインを飲みながら食べるここのオードブルがサイコ―でまた行きたくなりましたよ。

川の魚の燻製なんていい香り。

それに水ごぼうのマリネなんて初めて。

パンも絶品。

安すぎるんじゃないのっ…。

満腹満腹。



お家にまた戻って、少しお昼寝。

なぜって帰りのあずさが満席で2時間も待たなければならなかったから…。

それでお昼寝をすることにしました。

オーナーは畑仕事でしたけれど…。(笑)



それから、快速に乗って新宿へと。

楽しい夏のお休みは終わります。

いや、しかし、春とはまた違う楽しみ方でしたけれど、こちらも楽しかったです。

次はまたザックをしょって カメラを持ってぶらぶらと

山にいこ―♪


おやすみぃー。

森の生活_convert_20130820120908

ドタバタさんUTMB壮行会 

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

とうとう今日はドタバタさんのUTMB壮行会。


関西からも飛行機や新幹線・夜行バスを使ってたくさんの仲間がやってきてくれました。



そもそもUTMBとは、スイスとフランスにまたがるアルプスのモンブラン・シャモニーを

二日間にわたってふもとの街と山の頂上を2度も上ったり下ったり往復する

160キロにもわたる有名なトレイルランニングのレース。


そのステージに出場するには日本でいくつかの大会で制限時間内にゴールするという

記録を持っていなくてはなりません。

それらのレースをこなすことだけでも半端ないんですが、

たった4年前はメタボで運動経験もない彼が努力を重ね、成り上がりましてっ、

この夏とうとう日本の一流選手とともに参加するという運びになったわけでございます。

ひょえーーー

093_convert_20130803185909.jpg


たしか4年前の河口湖マラソンではアンパンマンの被り物をしてフルマラソンに初参加し、

ゴールの後に泣いていたという文に

同じランニング初心者の私も涙したのでありました・・・。


そのあとはあれよあれよとランニングにはまって、稼ぎのあらかたはレースのエントリー代と

そのあとの飲み代にっ…。


とうとうブログ村のウルトラマラソンカテゴリーではランキング1位。

高く高く飛んでおります。


今日はそんなドタちゃんにすこしでも頑張ってもらおうとエールする仲間がたくさん来てくれました。



今日、私の一番の任務は日章旗を用意してくること。

これが一番の任務なんです。

サインペンも抜かりなく用意して、みんなに書いてもらいましたよ。

113_convert_20130803190632.jpg



ほらねっ・・・。

あっ、書くところがなくなってて

またセンターに書いてしまった私っ…。

日本の旗、とっても喜んでくれたみたいです。

061_convert_20130803190403.jpg

048_convert_20130803190129.jpg



それから、山に持っていく装備品もこの日重たい荷物を抱えながら展示してくれました。

145_convert_20130803191515.jpg


その装備だけでも軽く100000円超えてます。

いやぁー、リッチぃー♪

今日の装備ではやっぱりみんなHOKAのシューズを手に取って眺めてましたね。

一流選手も履くシューズなんです。

これ履いて頑張ってほしいなぁー…。



もう今日はみんなハチャメチャ盛りあがる盛りあがる…。



最後のスピーチではそんななか、ちょっとみんなが感動したの。


「もう過去は変えられないけれど、今と未来は変えられる!」


そうだよね、ほんと そう・・・。



今回私は幹事をさせていただいておりまして・・・

今日はどーんと居座ってのんびりビールを飲むこともなく

セッティングに、カメラマン、会計係となかなかハード。

173_convert_20130803190901.jpg


でも2次会はねっ、おいしかったんだよぉー…。

次回は帰ってきたら また 楽しく盛り上がるんだよっ…。

それでは お楽しみにねっ…。


おやすみぃー。


夏の定番