スポンサーサイト

Posted by みぃー on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまほととぎす

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

やまほととぎす


昨日は短い時間にカメラを持って

森へ

風で落ちてくるドングリの音に驚いたり

翡翠を探したり

くねった曲り道にしゃがみ込んで

熱心に動画を撮っているおじさんに会って

教えてもらった

やまほととぎす

ちいさな鈴のようにみえた

昨日は台風の影響で雲が足早に流れていく姿を楽しみました。
空はいつ見ていても美しい絵画のようです。


おやすみぃー。

やまほととぎす

スポンサーサイト

アート アクアリウム 名古屋

Posted by みぃー on   6 comments   0 trackback

台風にも負けず

友人に会うために向かった名古屋。


ホントはコンサートも楽しみにしていたんだけれど

あまりの大型台風にさすがの私もめげた。

8時間新幹線に缶詰め。

でも、快適だったんだけれどね。


夕方やっとついて、食事して一緒に泊まった。

楽しかったなぁー…。

ずっとしゃべり続けてもう話も終わってもいいはずなのにまたしゃべくった。


翌朝は祝日の翌日ということで公営の観光地はどこもお休み。

それで、ただいま開催中の アートアクアリウムに行きました。

ここは不思議な空間だったぞ。

金魚1000匹もいる水槽にいろんな色のライトがあてられて見たことのない世界。

149_convert_20131009224402.jpg


でも、撮るのにはとても楽しかったよ。


おやすみぃー。


023_convert_20131009223812.jpg

涸沢カールへ 16

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

COME BACK


そして徳澤園でおいしい名物
野沢菜チャーハンの定食セットをたべたよ。
それがね、おいしかったなぁー…。
おススメ。

また歩いて歩いて
やっと戻りました。

帰りは上高地 五千丈ホテル のおいしいケーキを
目指しておりましたけれど…。

月曜日なので少ない人といいつつもたくさんのバスツアー。
やっぱりここはなかなか混んでいて
並んではいって自分にご褒美。

でも、行きに撮ったおさしんと違うのは
あそこの上まで行ってきたという達成感でいっぱいだったこと。
今は頭の中で涸沢カールをたっぷりとイメージできる。

もう山には大きな雲がかかっていて
今朝のあのすばらしいくらいの青空は今、
見えていないのだろうけれど…。

あそこに登って見られたものは
今まで見たことのなかったものでした。
ひんやりとした夏の涸沢の空気は
何かを満たしてくれました。

それでは今回の涸沢カールへの旅はおしまい。

たくさんいい景色を見てくれてありがとう。

素敵な星空を見に是非いかれてみてください。

(涸沢カールへの小さな旅 このおさしんは17枚目。)


おやすみぃー。


今日の梓川_convert_20131001153216_convert_20131009220849

涸沢カールへ 15

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

やまのやつで


いままでお花のおさしんがなかったことに
気づかれた方もいらっしゃることでしょう。

撮らなかったかって?
いえいえたくさんとは言えないけれど撮りましたよ。

お花をみつけると走りよってはパシャ。
いやいや、まだこれではダメかもともう一枚パシャ。

土砂降りの雨の時もあきらめずに
防塵防滴のカメラを構えてパシャ。

それでももしかしたらレンズはダメになっちゃったかも…。
っていうくらいに降った。
行きはどしゃぶりだったんだもの。

カメラも災難だったことでしょう。

降っているあいだはずっと胸に抱えて
少しでも濡れないようにと気を遣いました。

だから
ジグザグに歩いて
誰よりも歩数を歩いたのはこの私だと思います
たぶん・・・。

いつもやつでを撮るのは大好きなんだけれど
ここのはピンク色ですごく細くてかわいかったよ。


(涸沢カールへの小さな旅 このおさしんは15枚目)


おやすみぃー。


やつで_convert_20131001153136_convert_20131009220827

涸沢カールへ 14 

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

横尾より

本谷橋でひと休みをと思って腰を下ろしたら
次のグループのなかの一人が石に躓いて2mほど下の川まで頭から転落。

ザックをしょっているということはあんなふうに
あっという間にまっさかさまになるんだな。

頭をひどく打っていた模様。
あっという間のことだったけれどみていて ひどく怖かった。

ズボンは川の水にぬれて、
頭はあっという間にかなり大きなたんこぶができてた。

ちょっとした油断がここでは大きな事故になる。
気を引き締めて下らないといけない。

私だって昨日から何回か石に足を置いて予測できないほうへと
バランスを崩しそうになったことはあったんだから。

でも、ここからはやっと平坦な道になる。
ここまでくれば少し安心。

それからまた木陰の道を歩いて横尾大橋まで戻ってきた。
今日の素晴らしいほどに澄んだ空を眺めながら
ベンチに腰を下ろしてアイスクリームを食べた。

あと3時間もしないうちにスタート地点の上高地に到着の予定。
もうひと頑張りだぞ。

ここを離れたくない気持ちと
はやくゴールにたどりつきたい気持ちが頭の中で交錯してる。


少し脱線してしまったけれど また続きを書かなければ・・・。
あともう少しです。

(涸沢カールまでの小さな旅 このおさしんは14枚目。)



おやすみぃー。


横尾より前穂高を望む_convert_20131001153052_convert_20131009220754

涸沢カールへ 12

Posted by みぃー on   2 comments   0 trackback

ドラマを見るような時間も終わりをつげ

朝日があたり一面を眩しいほどにてらしだす


ああ、そうだ

私のウォールのカバー写真を 撮らないとなっ…

というわけで撮ったのはこちらの一枚です


先ほどまでの澄みわたっていた青空が

また 変化して

雲はあれよあれよと

駆け足するようにうごいていく


さっき 私が見た風景など

もうとっくに

消えているのだから


朝ご飯はモリモリ食べられた。
筋肉疲労はあるけれど気持ちは絶好調。
あと少ししかないここでの時間を精一杯体に吸い込むんだ。

お土産はキーホルダー。
ここで買ったのには何かしらの価値があるかな。

さあ、もうすぐ今日のスタート。
とうとう下山の時間がやってくる。

(涸沢カールへの旅 今日のおさしんは12枚目)


おやすみぃー。


カバー写真_convert_20131001153001

涸沢カールへ 13

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

涸沢ヒュッテより


朝日が のぼる

どこまでも澄みきった

鮮やかな空に


山の朝は

もっとも いとおしい 


朝のひかりは 

誰のもとヘも 平等に

輝く命のみなもとへ 

たっぷりと 

そそがれていく


ここは 

ぼやけてすごしていたそのことを

はっきりと

感じられる場所


日が出る直前のおさしんです。
今日はどちらをみてもなんて空が美しいんでしょう。
一日空を見ていても飽きそうにないなぁー…。

(涸沢カールへの小さな旅 このおさしんは13枚目)


おやすみぃー。

1239613_516680788411436_1400658647_n.jpg

涸沢カールへ 11

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

涸沢ヒュッテ泊


ついたらすぐにビールセットを頼んだ

中ジョッキとおでんのセット

それだけじゃ足りなくて

カレーライスも食べた

やっとお腹が満たされて

幸せいっぱい

それからはたくさん撮った



しばらくすると

なんだかとっても眠くなって

お昼寝した

起きたら、もう夕飯

山のごはんはシンプルだけれど おいしかった


山小屋はここから夜が長い

だから、ビックリするくらいの数の星が瞬く

満天の星をずっと見てた

プラネタリウムよりキラキラと輝いてるのがよくわかる

ここの星は 生きているんだもの

テラス席で私とおんなじように三脚を立ててる人と話をしてた

この美しい星を撮りたいと思ってる人だ


でも、私のはなんとか星のようなものは撮れたけれど

上手くはいかなかった

だから今度の目標だ


翌朝、5時には起きてみるとこんな光景でした

朝日の昇る方はまた高い山なので

カールにはゆっくりと朝日が広がっていく

だから普通なら撮らない不思議なおさしんだけれど

この影は朝日の昇る方にある前穂高岳の影なんです


昨日の星空もそうだったけれど 

こんなに美しい空

見たことないよ


あっという間に一泊。

山小屋の泊まりがなんて楽しかったでしょう。
特別話をしたわけでもなく、ただのんびりとすごしました。
こんなに優雅に半日を過ごしたのもなかなかなかったわ。

それにこんなにたくさん眠ったのも久しぶり。
気持ちよく寝すぎるくらいに寝た。

朝が早くて 
透き通るような時間に「おはよう」の声が響く。

もう帰るのかぁー…。

もう一泊も二泊も三泊も
ほんとは したかったんです…。


(涸沢カールまでの小さな旅 今日のおさしんは11枚目)


おやすみぃー。


朝日_convert_20131001152917

涸沢カールへ 10

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

MY GOAL


やっと つきました

重すぎるザックをしょって 

自分の脚で


つかれていたのに

心が弾む


この場所に

とうとう立つことができた喜び

頂上はまだ先にあるのにだ


ずっと 想像してた

みたかった風景に囲まれて

嬉しくてたまらない


何度も何度も周りをみまわした


この場所に立ちたい と強く思った景色など

持ったことのない私だったけれど

ここは特別だった


なんて 素敵な場所だろう!

すぐに ここが 大好きな場所 になった

パノラマ写真が撮りたいほど

周りは全て絵になる


すり鉢状のその真ん中に私がいる

涸沢ヒュッテ到着

登山の感動とは ものすごいものなんだな


やっと到着。

私の今回のゴールはここです。
今まで何回もいろんな写真でここをみたけれど
やっぱり自分の脚で行ってそこの空気に触れることは全く違ってる。

なんて素敵!
ついてすぐに ここに ずっと いたいと思った。
いえいえ、
まだまだここの魅力の半分も知っていなかったのに…デス。

登山家とはものすごく ロマンチスト なんだろうと知ったのです。
やっと・・・。

(涸沢カールへの小さな旅 このおさしんは10枚目)


おやすみぃー。


1174536_515205628558952_1941460785_n.jpg

涸沢カールへ 9

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

フリカエル


息を切らしながらの登りが続く

もう少し

もう少し

けれども なかなか進まない感じ


少しだけ振り返ってみようと思って

見た風景は

自然の中にすっぽりと収まっている私


向こうの山には美しい空が見える


今日はきっと

気持ちよく眠れる


こんなに石ばかりの道

初めてだった


もう目前に 見えてる 雪渓

もうすぐ目的地

(涸沢カールまでの小さな旅 このおさしんは9枚目)

下の方に人がいるのわかりますかぁー…。
ちょっと前はあそこにいたんだよねー。
よく登ったよ。



おやすみぃー。


1238955_514722231940625_1248229967_n.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。