夜の民家園  その伍 川崎市生田緑地公園

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

ちょっと日が空いてしまったのは

せっかく打った投稿記事を

あと一歩というところでパァにしてしまったから...。


さてさて、続きを書きましょう。



合掌造りの広場を過ぎて行くと

山田家に野原家。


野原家ではボランティアの方が小さなお子さんと一緒に夜なべ仕事の一つである

糸紡ぎを見せてくださっていました。


私も実際に目にするのは初めて。



糸車を回すのと繊維を上手によって

車にかけていくのがなかなか苦労のしどころの様子。


息が合わないとうまくいきません。




こうして糸が作られて、機織りされて反物が出来るんですねー。


もうここで

長いこと眺めてしまいました。


その後は囲炉裏の日のそばで

ボラの方とイロイロお話して...。


なかなかいい企画だったなと

ちょっと川崎市を誇らしく思ったりして...。




そう言えば今日もお団子屋さんはやってましたよ~。




栃のみの大福買ってしまいました。


こんなに風情あったんじゃ

買っちゃいますよね。


おでん屋もいかったかなぁ。


また来年の春

ここには行ってみようっと。


というわけで

ながながとかかってしまったけれどこれでおしまい。


おやすみぃー。



スポンサーサイト

夜の民家園 その四(川崎市生田緑地公園)

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

写真を撮る人の多かった水車小屋を過ぎると

この民家園一番の見所とも言える広場に出ます。


ここは合掌づくりの

雪多い地方に見られる伝統的な民家が移築されている場所です。






ここは人がいない時に一枚と思っても叶わなかったので

また来年三脚を使って撮りたい場所になりました。



若い人も年配の方も

この気持ちよい春の夜を堪能している様子。


昼間には見られない民家の美しさが

程よく感じられる心地よさのイベントです。







みんな提灯持って写メ撮ったり

お孫さんに民家の説明していたり

とっても楽しげです。



おやすみぃー。





今日は以前撮った写真を載せておこうかな。

夜の民家園 その参 (川﨑市生田緑地公園)

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

さて、間を空けないように...。


井岡家の次に順路に沿って行く古民家は

佐地家。


こちらは名古屋城の南にあった武家屋敷で門と供待だけが移築されたもの。




今日は提灯に火が灯されてグッと昔を偲ばせてくれています。

通行して行く人たちも提灯持って歩くので

なんだか時代劇が始まりそうな雰囲気醸し出してますよ。



あー、このほの暗さ。

昔 女子は夜とても歩けそうにない...。

今って 怖いくらい明るすぎかも...。


ここは門を入ってすぐ横に小さな門番のお部屋があります。

その横に『供待』と言って左地家に訪問した主人を待つ家来の待合室。

なかなか立派な広さです。



ここは母屋は県の重要文化財である

長野県伊那市の三澤家が移築されております。

この母屋は薬屋と旅館業をしていた半農半商の民家。

10部屋ほどあってそれはなかなか大きなお屋敷です。


中では囲炉裏の火を絶やさずに燃しています。




ここの屋根はとても雰囲気のある栗の木に石を乗せてでできているのですが


私は北海道の開拓地の...

そうです、まさにあれです。

この後、あのドラマのメロディ♪が耳について離れませんでした。


そして今回一番の見所とも言っていい水車小屋。

ライトアップされて一段と美しい。




実は藁葺き屋根が葺き替えられたばかりなんです。


夜の古民家は一層ステキですね~♪

もちろんその昔こんな風にライトが当てられることは無かったでしょうから

現代だからこそ 眺められる美しさなんです。



それでは今日はこの辺で

おやすみぃー。




私もちょっと頑張って撮ったよここは...。

夜の民家園 その弐 (川崎市生田緑地公園)

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

篠笛の演奏で幻想の世界に誘われた春の夜。


次に訪れたのは奈良の古民家である井岡家です。

ここは商家の造りになっていています。



今日は夜のイベントにはふさわしい回り燈籠が対になっています。

電気のない時代、薄暗い夜の闇をくるくると花の舞うように美しく照らします。




右隣のもう一対は




今の季節にふさわしく桜。

もう少し明るく撮るんだったかな。


三脚が欲しかった写真になってしまいました。


小さな子供を連れたお母さんが

回り燈籠をどうやって作るのか熱心にたずねています。


子供との影絵遊びは薄暗い夜も

おとぎ話の中に入り込んだように楽しめそう。


それではまた提灯の明かりを頼りに

次の古民家へと続く。


おやすみぃー。




ではまたね。

夜の民家園  その壱(川崎市生田緑地公園)

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

4月3日『夜の民家園』というイベントに行ってきました。


実は全く知らなくて本当は月が変わって

また新しいプラネタリウムを見に出かけていたんですが

桜満開の折、余裕を持って出たはずなのに

駐車場を前に『満車』の表示で

時間を激しくズレ込みまして...。

こちらに参加とあいなりました。



ポスターはこんな感じです。



なになに?

提灯を下げて民家園を歩くなんて風情ありそう~♪

で、ここの年間パスポートもまた購入いたしました。

(と言っても激しくお安いんです。😅)



さて先ずは地元の名家原家のお屋敷からスタート。



先ずは原家の庭先で篠笛の演奏。


今夜は多分この春一番の花見の日。


篠笛のもつ素朴な音色が

この里山の森に響き渡り『桜』の演奏が心に響きます。

さくら  さくら はな ざかり~♪



今日は多分今年一番の休日の見頃。

ライトアップされたさくらも美しい日です。

とりあえず今日はこの辺で。

またこのシリーズは次回に続きます。



おやすみぃー。






あー、なぜ三脚を車に取りに行かなかったのでしょう。お馬鹿...。(T_T)

激しくおサボりしながらも...ブログ㊗️5年をすぎました

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

なんだかお恥ずかしい限り...。


毎日更新は難しかったけれど

先月の27日でこのブログも5年がたちました。



ここを今まで訪ねてくださった方々には

厚く御礼申し上げます。


人が書いたものを覗く程度で良かったのに

何度ももうブログなんて疲れることやめようかと思ったんだけど

どうにかとどまってここにおります。(笑)


ずっと毎日更新を続けていた時に

パソコンが壊れて預けることになり

結果あとから2週間分書き足してたり

一ヶ月に一度も書けないこともあったけれど



そんなことして戻れてからは

気負わずふらっと気楽に戻ればいいんだと

そんな風にスタイルを決めたら

なんだか楽になりました。



ずっと最初からお付き合いくださっている方もいれば

親しくしていたのに今はお付き合いのない方も。



ふらっとやってきて温かいコメントくださって

それきり来ない方もいてここは面白いところです。




そうそう、仲良くなったブロガーの方もいて

ある時急にそのブログはなくなって

たいそうがっかりしたりもいたしました。



私の多くの趣味が高じた時には

それはたくさんのブログにも行ってみましたが

皆それぞれこうして自分の場所を持つことを

生活の一部屋として楽しんでいるようでした。



いろんな形のブログがあっていいんだなと

今はそう思っています。



このブログに書かれている5年間は人生において

一番波乱に満ちた日々を過ごしておりましたが

今はまた静かに時を重ねています。


人は変化していく自分を受け入れて日々を満ちたらしめんとすごしていくもの。

そして時はただ刻々と過ぎていくもの。


頭で幾らたくさん考えてみても

明日の陽が昇る時が告げられます。



さて、私はそんな毎日を綴りながら

あと何年書き続けられるでしょうか。



ここに書かれた幾つものある日の出来事は

こうして書かれなければ

きっとすっかり忘れてしまっていることでしょう。


たまにふっと過去の自分を思い出す日のために

ここがいつか

そんな愉しみの場所になっていますように。


まだまだ楽しくテニスをし、走りますよ。

それに、ブログをはじめた時には夢みてた念願のロードバイクも手に入れたし。



ブログから派生してコンデジから始まって

一眼レフで飛んでる鳥も撮れるようになって

私も5年間頑張ってたんですね。



いつもありがとうございます。


またこれからも

ずっーとよろしくお願いします。


そうです、ずーーっとですよー。(笑)


おやすみぃー。



カメラを持って三脚立ててサイクリングロードにて

春のお墓参り ツアー

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

父が亡くなってからは

お寺に行ったり霊園にお墓参りに行ったりと

今まであまり縁がなかった場所に

季節ごとによく出かけるようになりました。



今年は叔父が亡くなったお葬式以降

お彼岸そして一周忌など

法要のためのお出かけがほぼ毎週のように

春の行楽シーズンを埋めています。(笑)



法要では宗派に関わらず

お寺のご住職のお話をお聞きするのが楽しみで

昔よりは法話が心にしみている気がします。


お彼岸には渋滞を上手に避けながら実家と婚家のお墓参りをすませると

どこか気持ちがホッと落ち着きます。


帰りにはちょっとだけ寄り道をして

いつもとは違う撮影場所を見つけたら

春に咲く可憐なお花を撮るのが楽しみなお墓参り。



今年は特にコブシのお花が美しく

枯れて花びらを落としていくその日まで

愛おしく咲く花を眺めてすごしました。



さてお墓参りツアーが終わった来週は

本格的に撮影場所にいかないとね。



ウグイスの声も野山に響きはじめて

まだまだ美しい囀りにはおぼつかないけれど

カメラ抱えてどこに行こうかな♪



それでは春爛漫の季節を楽しみましょ。

おやすみぃー。





コブシのお花