お庭で夏の野菜づくり

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

この三ヶ月ほどは夜は早くに疲れ切って知らないうちに就寝し

朝は早よから起き出してお庭の水撒き。


楽しくて

気づいたら春から1日もお休みせず続けてた...。



トマトときゅうりになすにゴーヤ。

もう野菜づくり初心者の定番中の定番ですけど...。



きゅうりは二本ほど収穫したけど上手くいかず

でも、なすとトマトはなんとか上手に育ってくれて

それはもう美味しくいただいてます。



ミニトマトの栽培はどうも性分にあってるらしくて毎日ウキウキ。





最近はよく採れて買わずにすんでいます。



いろんな動画やサイトで栽培方法を学習したり

お友達の農業指導者さんによくわからないことを質問しては

丁寧に教えていただき

実践してみて

すくすく育っていくのが毎朝楽しみ。



わき芽を積んだり、あえて残したり

野菜づくりは楽しめるんですね。



そんなわけで

トマトの横に植えるといいハーブも近くに植えております。



コンパニオンプランツ(共生植物)というものです。


トマトの場合はバジルがその役目を果たします。


互いの収穫量が増え、病害虫から身を守り

共にウインウインの関係になれるんです。


で、今はただ夏に美味しいバジリコスパゲッティを食べたいがために

いっぱいバジルを増やしています。


芽を摘んで挿し芽したらいいだけです。

元のバジルもますます大きくなって倍々ゲーム。



春先に種を撒くか、たったワンポット買うだけで

真夏にはバジルの大株がいっぱいになります。



あー、なんだか

すごーく 楽しみだなぁ~♪



で、下のおさしんは折れたバジルを水にさして


たった2日で『根っこがたくさん生えてきたよッ❗️』って

バジルの命のたくましさを感じて撮った一枚なのでした...。


おやすみぃー。


スポンサーサイト