無駄足

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

昨日帰ってから…明日の公園行きは雨の予報でパスになって、

それで、あんまりうれしくないことにパソコンの調子も悪くなって…。

たった2日しかない平日のお休みはパソコンの修理にあてなくてはならないと決意した次第。


いろいろと購入時に頂いた資料から、

どこに出したら、一番早く戻ってくるのかを昨日調べ上げた結果

たったの1日で戻ってくるところがあると知った。


特急料金は3150円…しかし私には不安材料が…。

あんなに確実にしまった保証書が確かな記憶をたどってみても見つけられないんです。


・・・グスングスン・・・。


大切にしまったことは間違いなく、絶対になくならない場所…はてしてそれはどこだろう…。

今となってはさっぱりわからない。

いつものリーフを見てみるけれどもっと大事にしまったんだなぁー。


それで昨日、修理屋さんに確認してみたら、今年のパソコンだったら大丈夫でしょうって…。

だから、勇気を出して行ってみます。


久しぶりに以前お勤めしていた近くの稲荷町まで、昔のどおりの通勤経路で出かけてみる。

やっぱり、変わったんだなぁー。


ビルはすぐにわかって、出てきた担当の方におもむろにパソコンを出してエラーメッセージを伝える。


…しばらくすると話が違っていることに気が付いた。

私は今日、パソコンを持って帰れると信じていたのに、それはかなわなかった。

そしたら、ここに来たご利益って一体…なんだったんだろう…。

担当の方はお互いにある小さなミスを隠すようにスルーして話を進めていく。

まるで昨日の電話をなかったことにするみたいに。


確かにそれでいいのかもしれないけれど、私は今日この半日が無駄になってしまったことが、

そしてパソコンは今日手元に戻ってこず、

しかもここから5日間もない状態になるという最悪な選択しかもはや残されていない現実に耐えかねていた。

いったいここまで来た価値はなんだったのだろう…。


私はまだ一言もこの相手の担当の方を困らせる様な対応はしていなかったし、ずっと普通に対応していた。


担当の方はご自分の仕事をスムーズに終わらせたいので

そこを追求させないように話を進めていくのだけれど、

ちょっと待ってよ!

私のこの気持ちは一体どこに収めたらいいのだろうか。


なんとなく、このむなしい気持ちをぶつけたいどこかが見つからなくて、

がっかりと肩を落として帰ることになった。


ここで怒ってゴネてもみれば、もう少しいい結果はもらえただろうけれど、

なんだか、「ごめんなさい。」 と一言謝れない

単に仕事を早く終わらせたい思いの担当があまりにも情けなかったのだ。


昔、クレーム処理の仕事をしていたから、そんなことはしょっちゅうあって、

人間として大事なその一言でお客様は実は大きな判断をしているということをよく知っているから

なんだか悲しく思えたのだ。


いくらパソコンという機械を買っていても、

結果はこうして人と人のつながりが大事な場面は生まれてくるもの。


今日は無駄足だったみたい。

今日のパソコン作業は一体どうしよう。

仕事のプリントだけは何とか昨日無理やりとって終わらせたけれど…。

とってもがっかりして言葉もない…。


でも、戻ってくるまでの対応だけ考えながら帰ることにしなくっちゃ・・・。

だから今日はとっても落ち込んでいるの。


おやすみぃー。

IMG_5164  ランタナ


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pekopeko831.blog60.fc2.com/tb.php/237-3502058e