新春 大山登山マラソン試走会

Posted by みぃー on   4 comments   0 trackback

年末から、ずっと楽しみにしていたことは

この大山の試走会です。

ドタバタさんに連れて行ってもらえることになってこの厳しいレースにドキドキしながらも

自分がどこまで走れるのか今、試してみたかったから。

20120107002[1]


案の定、伊勢原の駅をスタートするも、あっという間にみんなのペースについて行かれず、

何度もドタバタさんを往復させてしまいご迷惑をおかけしました。


でも、私も必死。

これでも真剣に走っているんだけれど、すぐにへたります。


大山までのバス通りをひたすら登ります。

ゆっくりだけれど私は私のペースで頑張っていかなくちゃ。

登りのみ、ロード7キロに階段が1600段ほどのこのレース。

制限時間は2時間です。

20120107003[1]


去年の年末にハセツネを完走されたももこさんでさえ、

この大山のレースはロードだけで階段はもう嫌だとエントリーはやめていらっしゃいました。


確かに全部をきっちり走るとしたら、

今の私には到底無理です。

階段前の最後のロード1キロの勾配は並のランナーではとても走ることは不可能です。

私なんてゆっくり歩くだけでも息が上がります。


でも、今日のランでの目標は、ロードを1時間、そして階段を1時間。

これが私の完走の目安とみました。

とにかく、今年は何としても完走を目指します。


かなりな距離が開いてそれからはかなりな登り、さすがにドタバタさんも戻ってくるのは難しい。

それからは、みんなバラバラになりました。

私は去年までのレースの道に行ってしまい少し道を迂回したようでしたが、

また戻ることができました。


何処かの野球部の少年達も走っています。

私のようなおばさんに抜かれるのはかなりこたえるようで抜いたり、抜かれたり。

最後は大きく離されました。

やっぱり負けられないわよね。


もうウエアは汗でびっしょりです。

こんなに汗かくなんてお風呂に入ったかのよう。

もう、そろそろ脚が終わっていると自覚した頃、

やっと階段手前で待っていてくれたドタバタさんに会えました。


これから歩いてもキツいあの階段。

ここまでで相当脚はダメージ。

もうすぐ攣りそうです。


これから、階段を登ります。

ピクピクしそうな脹ら脛を気持ちで騙しながら、

でも、ランナーでいたくて無理を承知で出来るだけ軽快に。

だって、私は今、ランナーのウエア着ちゃっているんだもの。


でも、階段はとてつもなく長く、急で、何度もふらついた脚が、危なっかしく、

毎日筋トレをするべきだったとこんなところで深く後悔していました。

大山登山マラソン試走会 景色


真ん中あたりまできた時、やっぱり脚は悲鳴をあげてもうやばい状態!

薬を早く飲むことしかありません。

今日の為にと用意した攣り止めを直ぐさま飲みました。

さぁ、これで少しづつ、気をつけながら進みます。


とにかく、脚を間違えて置いたら、今の筋力では保つことは不可能かもしれません。

情けないけれど、慣れたハイカーには抜かれるような有様で、きつい登り。


たまに、頂上を見上げては、待っている2人のことを思いました。

きっと身体が冷えてきているでしょう。

何とかして2時間以内にゴールしたい!

今は1時間28分。

脚はおもいけれどやり切らなければなりません。

残りの階段はどれくらいでしょう。

とにかくそう考えながら、少しでも平静を装い、一段,そしてまた一段。


ふと、また、上を見上げれば、何だかあの木には見覚えが…。

2年前のあの日、みんなに会いたいと立っていた時に近くにあったはずの枝が見えました。

そう、たしかに。


もう脚は一段も登りたがってはいないけれど、あと少しだとわかって、勇気が湧いてきます。


頑張ろう!

ほんとにもう少し!


ゴールした私の笑顔が、今はっきりとイメージできました。

自然と速度が上がります。

ああ、この階段、

あの時、私はここに立ってレースをみていたんだわ!

2年前の、やっとのことで前を向きだした私がずっとずっと過去のように思えた瞬間でした。

私があの時立っていたところを通過する時、

見ている私がそこにいて、懸命に応援しています。


がんばれ!がんばれ!がんばれぇー!


最後の階段12段。


あの時、その右手横に私は立って初めて見たこのレースの過酷さに感動していました。

登ってくるランナーの必死な形相に、真剣さに

どこかで打ちのめされたのかもしれません。


あと5段、あと…

そして、夢に見ていた

ゴールの瞬間!


…それは余りにも あっけなく終わった…。

身体の痛みが達成の喜びに変わる。

私にも、出来たんだ…。

1時間43分。

大山登山マラソン試走会 ゴールからの展望


それは素敵な瞬間だった。

2年間、思い続けたからこそ、満たされた一瞬だった。


脚がもう上がらない…。

どこか、嬉しくて、心の中で泣いてる自分がいました。


けれど、みんなを探さなきゃ。



それから、みんなで神社にお参りをし、

大山のお水をほとんど飲み切って空っぽになりそうだったボトルにいれて、

御神酒もありがたく、いただいて、身体が温まる。

大山登山マラソン試走会 ゴールの下社にて


大山登山マラソン試走会 水

大山登山マラソン試走会 水 じゅんちゃん

大山登山マラソン試走会 お神酒


ケーブルで帰る?どうする?

ドタバタさんが聞きました。


私は実は、ケーブルで帰るつもり満々だったのですが、そんな言葉に帰れなくなって、

下りに挑戦!

…そ、そんなぁ~!

いや、でもどこかで

2年前に憧れた彼女になりたくなっていたのかもしれません。


私以外の2人は、タンタン軽快に下れますが、

もういつ爆発的に攣り出すかわからない私は不安の塊。

しかも、見れば下りはひどく急。

間違えれば谷底へ落ちていくかのよう。

こんなに激しい階段だったとは…。


でも、何とかみんなに待ってもらいながらも下って、

そこから、また駅まで走ることになっちゃった!


どこまでできるかな。

結局、6キロ以上は下って、もうこれ以上は走れそうにないし、

みんなを長く待たせそうだから、バス停ひと駅ごとに迷う気持ちに終止符を打つ時がきました。

とうとう観念して、バスに乗りました。

でも、下りは全て終わったかな。


あのかっこよかった彼女とは雲泥の走りをする自分がいたのだけれど、

ここまで走れたことにどこか満足できた。


お腹が、ひどく空いて。

バス停で待つ間、リュックにあるものをすべて口にしてみた。



伊勢原の駅でみんなと無事に合流。

これから、お隣の駅へ電車に乗って温泉です。

弘法の里の湯。1000円です。

そして、そこで七草粥のサービスもいただきました。

それにここのお湯はちょっとピリピリときて、でも温まる、いいお湯です。

大山登山マラソン試走会 七草粥

大山登山マラソン試走会 七草粥ドタバタさん

大山登山マラソン試走会 七草粥 じゅんちゃん

それからはいつもの飲みです。

でも今日はどこかに達成感。

おいしくとても幸せで、お酒が飲めました。



ドタバタさん、じゅんちゃん、ありがとう。

今日、つきあってくれたこと、とても感謝しています。

いい仲間に恵まれました。

みんなにも、この恩返し、いつか出来たらいいな。

家に帰って、そんなこと考えていました…。

楽しかったね。

20120107008[1]



今日のラン、15キロ。RUNX10は150円。チャリィーーン♪




今日は嬉しくて嬉しくて、なかなか寝付けないよ。

でも、寝なくっちゃ…。

フルより走りたかった 私の 祝 大山登山マラソン達成!

おやすみいー。

貝殻草



スポンサーサイト

Comment

まっちゃん says..."No title"
みぃーさん「大山登山マラソン」試走、お疲れ様でした。
(大会も楽しみにしています!)
ハードなコースですね・・・体は大丈夫ですか?

今週もみぃーさんのペースで楽しんで下さいね。

私は完全に出遅れていますが・・・。(笑)
今週も学内試験関係等、14・15日はセンター試験。
目が回りそうで・・・時の流れが早過ぎます。

何もかも忘れて、ミスチルを聴きながら「ゆったりまったり」
走りたいですね。

また遊びに来ます。
2012.01.09 22:50 | URL | #- [edit]
みぃー says..."Re: まっちゃん"
まっちゃん、こんにちは。

大山が走れたなんて、とっても嬉しいです。

膝も、大丈夫で、ダメージも何もなかったんです。
うれしいな。

また頑張ってみます。

少しでもタイム縮められたらいいな。

松ちゃんも忙しそうですが、頑張ってくださいね。
2012.01.11 11:52 | URL | #- [edit]
KAY(高繁勝彦) says..."No title"
少しずつレベルアップしていくのは楽しいもの。

でも、レベルアップするために目標立てて計画を練ってそれをひとつずつこなしていくのも楽しいものなんですね。

サロマ湖も待っています。

頑張って下さい!
2012.01.18 10:06 | URL | #- [edit]
みぃー says..."Re: kayさん"
kayさん、こんにちは。

えっ…サロマ湖…私のこと待っちゃってるのっ?

それは…頑張らないとっ…。

和歌山県人に押されておとなしくなっていそうですが、

きっとあの2人に鞭を打たれ続けて走りきれそうな気がするのはなぜでしょう…。

完走は保障された気がしています…。(笑)
2012.01.20 12:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pekopeko831.blog60.fc2.com/tb.php/299-2f029407