旧東海道マラニック ①日本橋~品川~六郷橋 後編

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

あれからセブンイレブンで軽く休憩。

リュックに入れてたおにぎりをぱくついた。

少しづつ補給しながら胃袋痛めず休まず走ることが前よりとっても上手になったな。

もちろんテニスで充分に馴らされてるのもあるけど
なんとなく走るのに足る量を最近はわかってきたみたい。

品川駅を順調にすぎて左手に八ツ山橋の交差点。

知ってる?
ここはゴジラの上陸した場所。



そこだったのかぁー。
そういえばそうだ。
確かにそのネーミング聞いたことあるよ。

それから旧東海道は橋を渡り左方向へと向かう。

京浜急行の踏切を越えてここから始まるのは



品川の宿❗️

入ると右手に案内どころがあってそこには50円で品川宿の地図が売られている。
これは手に入れとこー。。。

まだもう一回来なくちゃならないし。

そこから下って「品川浦舟だまり」という場所へ。
屋形船がたくさん泊まってます。



ここに下ると御殿山下砲台跡があった。
ペリーが来て幕府は大変驚き
また来年再来するのにここから外国の船が来るのを待ち構えてたんだね。

http://www.sinakan.jp/entry-info.html?id=34885

それから鯨塚など見て回りまた東海道へと戻りました。




そこからが今日のメインイベント。

いつものようににこやかな笑顔でいると
このあたりの主とも言えるお年頃のおじさんに声かけられて(またしても)
いろいろお話を聞かせていただき
ついにガイドがつきました。

このあたりは色街で
遊郭のたくさんあった場所とか。。。

で、今もここに住むおじちゃん家の
元の商売はなあに...。

そんな疑問を残しながらおじさんは路地を進む。
私たちに見せたい場所へ。

それは昔ながらの赤い煉瓦の壁。





それから昭和の初め頃のものかと思う宿。

そしておじさん自慢のたくさんの井戸。







そして魅力的な路地をみんなでぬって歩く。



この間タモリの番組に出たんだぞあの人。
どうやらこの辺りの有名人らしいよ。

いろいろお話を聞かせていただいて最後になってる柿もいただいて充分に満足。
今日はなかなか濃いなぁ。

おじさんたちに別れを告げて
また街道を進む。

ただいま時代は平成だけど気分だけは充分に江戸時代。

お祭りしてる場所に遭遇して温かいお茶とポップコーンいただきました。

あれ、地図にホームラン地蔵とあるけど行ってみない?

そんなことで道を戻ってホームラン地蔵へ。



これは王貞治さんに由来のあるお地蔵様でした。
バットを持ってる面白いお地蔵さんでしたよ。
http://www.sinakan.jp/entry-info.html?id=34867

それからの道はフリーマーケットなど見ながら走る。

立会川の駅近くには大きな坂本龍馬さま。

ここに土佐藩の宿舎があったらしく、龍馬はここからすぐ近くの砲台までを行き来していたらしいです。



砲台跡は本当にすぐ近く。





さて、そろそろお腹も空いて来たけど、まだもう少し走るかな。

そう決めて鈴ヶ森まで走る。

あー、ちと気味悪いけどここは処刑場。



かの有名な「八百屋お七」が処刑された場所ですね。

ここでバタさんがお線香を買ってくださってお参りしました。

きっとたくさんの悲しみが眠る場所。
濡れ衣を着せられて殺された方もいらっしゃることでしょうね。
心安らかにお眠りください。


そこでやっとこの時間的にも長かった商店街を抜ける。

まだもっとよく見たらたくさんの見所がありそうな場所。
また来たいな。

また国道へと戻った。

途中、鯨の尻尾を見に行きながらやっと昼食。
カレーライスを美味しく食べました。
なんにも具のないカレーは初めて。
流動食みたいだったな。

そこからは今日のゴールまでを単純に走る。
梅屋敷までをずっと走り続けた。

少し脚も疲れてきたみたいかな?

5キロくらいを走ってとうとう目的の六郷橋の駅。

着いたよ。

最後までみんなとちゃんと笑顔で走れた。
みんなありがとう。
走るのは久しぶりだったので嬉しいな。

午後2時半。
まだ少し飲むには早いけどね。

みんなで中華にビール。
美味しかったね。


そこから家まではまだ走れる脚もあって
約10キロAyumiちゃんと走って帰った。

だって、ここはサロマの練習に来てた場所だったんです。

一度来てると距離がわかってるから怖くないのね。
だからこの日は夕方まで一日中ずっと走って
サイコーに気持ちよかったんです。

長かった一日がとうとう終わるよ。

おやすみぃー。

と終わるはずだったのですが
実は夜にロードバイクで8キロほど遊んで
とっぷりと暮れた一日が終わったわけでした。

お疲れさま。

好きな走り方はそれぞれで
ランの楽しみ方は本当にたくさんあるんだな。

私は自分の脚で気分よく遠くへ行きたい。
こうして楽しく走ったらいいんだな。

42.195キロじゃなくて
もっと遠くに果てしなく続く道。

自分の走り方を見つけることは大切だなってそう思ってるこの頃。

また続きが楽しみ。
そうしていつか遠くに行っちゃうんだぞ。

おやすみぃー。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pekopeko831.blog60.fc2.com/tb.php/646-960f0cad