スポンサーサイト

Posted by みぃー on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山を撮りにトレイルランニング その2

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

ここでカテゴリーがランのものが増えるといつも嬉しくなる私。

さて、この日のランニング、絶景は幾つもあって富士山が見えなくても里山風景の場所で心がほっかり癒される場所多かったんです。



あれから曲がりくねった道を下り、そしてまた登る。

TOMOSUのコースは厳しくて走れない私だけど、今日のコースはそんな私でも皆の気持ちを少し共有できる場面もあって楽しかった。

トレイルになると無理をせず登りは歩かせてくれるんだけど、今日はガイドが上手に初心者をコントロールしてくれて脚がちっとも辛くならない。

こんなトレイルを繰り返すならすぐに長いトレイルも楽しみながら走ることができるんだろうな♪

私のランは景色を楽しみながら長く遠くへいくことだから今日のランはとても似合ってる。

登り切ると北側の向こうには丹沢の蛭ヶ岳がうっすらと雪をかぶっていた。



あそこにいつか私も行くんだ。

山行きはそうして
ひとつづつ奥深いものになっていく。



見よ この絶景を。
私の大好きな大山。
このネーミングも笑えるくらい単純で大好き。

舗装された尾根道を走りながら今日のラン仲間が言ったけど「走れるって イイよね。」
私もほんと そう思う。

この気持ちの良さだけはこうして自由な心で走ったことのある人にしか解らない。

身体を使って走って『今日 私はここにいる』っていうことが震えるように魂にこだまする。

それは
時空を超えていることなんだろうな。

走りながらもう一人の何処かの時代にいる時空を超えた自分に声をかけたくて叫んでいたりする。

それは小さい頃に野山を走ってた自分だったり、まだ見ぬ先の何処かにいる自分だったりする。
『おーーーい!』


震生湖へと続く道を途中左手に折れて行ったのはまた素敵な林道。
シャガの葉が両脇に群生していて小雨降る夏にはまた来たい場所になりそうだ。

そこからは一気に下ってあっという間に住宅地に出る。

これから地元で有名なおいしいお蕎麦屋さんに直行。
いや、急降下か。。。

渋沢の駅を超えて北側5分ほど走ったところにあった。



ダルマストーブがあったかーい。



で 今日のお昼。


お腹空いてて
もうしめじの天ぷら食べちゃった。

十割そば。
すごそうー。

私はやっぱり
天ぷらそば頼んじゃったー。

もりでよかったかなー。

いつものことだけど
食いしん坊バンザイ!

今日はここまでー。

おやすみぃー。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pekopeko831.blog60.fc2.com/tb.php/672-7ec95a20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。