降りそうなのに羽田まで

Posted by みぃー on   0 comments   0 trackback

この間の『輪行』講習会の後

実は家に帰って何回も復習しようと思っていたのに...。

走り出せばガス橋を越え
多摩川大橋を越え...。

ヤバいぞここまで来れば
エーーーイッ❗️

行ってしまえとばかりに面白くて止まれないなぁ~。

で、やっぱり気楽に羽田コースに。




大鳥居の説明の石碑は撮っても読めないかぁ。

今日は大鳥居で写真を撮った後
この間誰かのブログで見た羽田空港に行ってみたくなって
冒険心が疼く。

で、後から来たフィリピン人らしきお姉さんに道を聞いたら
『まっすぐ、まっすぐぅ~。』なんていうものですから行ってしまいましたよ。

本当にずいぶんまっすぐでした。
見えてきたよ、着陸する飛行機たちも左に曲がって国際線ターミナル。

で、走ってたランナーのお兄さんふたりに聞いてみたけど
飛行機がよく見える場所は展望台に行くしかないらしく...。

今日はめちゃくちゃ街宣車や警察官がたくさんいて警戒態勢がものすごい。

で、とても自転車置いて行く気にならず一枚おさしん撮って諦めた。



それで、あの道はどこまで続くか気になったんで、行ってみましたよん。

ずぅーと、ずぅーーっとずぅーーと。

100メートルごとに警察官がいるって感じかな。
で、地下に入るトンネルの前まで来て
向こう側に立っている警察官が怪訝な顔をして私を見た。


本当に排気ガスだらけの長そうな真っ暗トンネル。。。
しかもちょっとキミ悪いし今日は一人だし...。

もう少し行くと開けていい撮影ポイントになるんじゃないかと下見したかったんですが。
ライトのルクスが足りないと自覚し、また今度にするってことに...。

で、写真を一枚撮って戻ろうとすると向かいのさっきの警察官のおじさんが
満面の笑みでにっこり笑った。

で、自転車をまた逆方向に向けようとすると
トンネルの中から一人の男性が。。。出てきた( ̄O ̄;)

やっぱりやめとこ。

戻って給油所が立ち並ぶ場所を遠くに眺めながら
干潟に舞い降りてくる飛行機をゆっくり眺めてみた。







今日も持ってこなかったなぁー。
カメラに超望遠レンズ。
また来なくっちゃ。

長いこと浜に降りて何を採っているのか気になっていた人たちが戻る道すがら
見せてくれたのは大きなシジミ貝。

バレーボールの大きさぐらい採れてて驚いた。
昔はもっと豊かな干潟であったんでしょう。

さて、雨降りの中きた道を戻る。
自転車はかなり汚れちゃったな。

お腹がすき切る前にやっとこ家にたどり着き今日はトータル40キロ。
雨に濡れたから少しやりきった感あり。
でもあと20キロは走りたかったかな。

で、ビショビショになりながらトータル40キロちょっと。

帰ってすぐに自転車を綺麗にしなくっちゃ。
家にあげるのにお水でタイヤ周りを洗ってみた。
海はちょっと磯臭くて匂いが残りそうだったから。

それからシャワーを浴びてお腹いっぱいカレーを頬張って。
ひと眠り...。
いい気持ちです。

次は展望台に脚を運ぶかな~。

あぁ、いっぱい付いたチェーーンの砂はどうしたらいい...。
。・°°・(>_<)・°°・。

おやすみぃー。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pekopeko831.blog60.fc2.com/tb.php/701-b791e1e9